交通事故コラム詳細

fv fv

【医師が解説】めまい(平衡機能障害)の後遺障害認定ポイント|交通事故

交通事故で頭部を打撲すると、眩暈(めまい)を発症する可能性があります。また、頭部を打撲していなくても、むちうちで「めまい」を発症するケースもあります。

 

本記事は、交通事故で発症した「めまい」が、後遺障害に認定されるヒントとなるように作成しています。

 

 

最終更新日:2024/2/1

 

download

 

 

めまい(平衡機能障害)とは

めまいには2種類ある

浮動性(動揺性)めまい

 

浮動性(動揺性)めまいでは、身体がふわふわと浮く感じになって姿勢を保てなくなり、まっすぐ歩けないなどの症状が現れます。

 

浮動性めまいは、原因がはっきり分からないケースが多く、自律神経失調症の症状のひとつであると考えられています。

 

 

回転性めまい

 

回転性めまいは、実際には静止しているのに、自分や周囲が動いているように感じる不快な感覚です。回転性めまいは、耳自体に原因があることが多いです。

 

 

vertigo

 

 

めまい(平衡機能障害)の原因

脳(脳幹や小脳)

 

  • 脳出血
  • 脳挫傷
  • 外傷性くも膜下出血

 

<参考>
【医師が解説】脳出血が後遺症認定されるポイント|交通事故
【医師が解説】脳挫傷の後遺症が後遺障害認定されるヒント|交通事故
【医師が解説】外傷性くも膜下出血が後遺症認定される要点|交通事故

 

 

内耳(三半規管)

 

  • 頭蓋底骨折
  • 側頭骨骨折
  • 内耳損傷

 

<参考>
【医師が解説】頭蓋骨骨折の後遺症の後遺障害認定ポイント|交通事故

 

 

内耳と脳をつないでいる神経路

 

  • 頭蓋底骨折
  • 側頭骨骨折

 

<参考>
【医師が解説】頭蓋骨骨折の後遺症の後遺障害認定ポイント|交通事故

 

 

むちうちが原因のケース

 

むちうちには、自律神経失調症の症状であるめまい、耳鳴り、目のかすみなどが現れることがあります。

 

頚椎周辺の炎症が交感神経を刺激し、耳の血流が低下するとされ、これがめまいや耳鳴りの原因となります。

 

むちうちに自律神経失調症が合併した状態は、バレリュー症候群(Barré-Liéou syndrome)として知られています。

 

<参考>
【医師が解説】耳鳴り・難聴が後遺症認定されるポイント|交通事故
【医師が解説】バレリュー症候群の後遺障害認定ポイント|交通事故
【医師が解説】むちうち「めまい」の後遺障害認定ポイント|交通事故

 

 

anatomy

 

 

めまいの検査

 

めまいの検査として、以下が挙げられます。

 

  • 温度眼振検査(カロリック検査)
  • CT検査
  • MRI検査

 

 

温度眼振検査(カロリック検査)

カロリック検査(caloric test)は、めまい(平衡障害)の検査法の1つです。カロリック検査は外耳道に水やお湯を入れて内耳の反応を評価します。中耳にまで水は入らないので中耳炎の心配はありません。

 

交通事故で発症した眩暈(めまい)が後遺障害に認定されるためには必須の検査です。

 

 

CT検査

めまいの原因が内耳(三半規管)であれば、内耳損傷や頭蓋底骨折の証明のためにCT検査が必要です。

 

 

MRI検査

めまいの原因が脳(脳幹や小脳)であれば、脳幹や小脳損傷を証明するためにMRI検査が必要です。

 

尚、めまいの原因として最も多いとされる前庭器障害では、頭部MRI検査では異常なしという結果になります。

 

このため、画像検査ではなく、温度眼振検査(カロリック検査)などの機能検査を行い、めまいの診断をつけることになります。

 

 

 

nikkei medical

 

 

めまいの治し方

めまいをすぐに治す方法

めまいをすぐに治す方法として、以下の2つが挙げられます。

 

  • 安静と水分摂取
  • 目や耳から入る刺激を避ける

 

 

安静と水分摂取

めまいが起こっている状態で立っていると転倒する可能性があります。まずは座るか横になりましょう。めまいの原因として脱水もあり得ます。適量の水分を補給してください。

 

 

目や耳から入る刺激を避ける

しばらくしても、めまいが収まらないようなら、部屋を暗くするなどして、目や耳から入る刺激をできるだけ避けてください。

 

 

治らない場合には医療機関を受診

前述の2つの方法で、めまいが治らない時には必ず医療機関を受診しましょう。めまいの原因が脳に由来するケースでは、命にかかわる可能性もあります。

 

 

download

 

 

めまい(平衡機能障害)で考えられる後遺障害

3級3号

生命の維持に必要な身のまわりの処理の動作は可能であるが、高度の失調または平衡機能障害のために労務に服することができないもの

 

 

5級2号

著しい失調または平衡機能障害のために、労働能力が極めて低下し一般平均人の1/4程度しか残されていないもの

 

 

7級4号

中等度の失調または平衡機能障害のために、労働能力が一般平均人の1/2以下程度に明らかに低下しているもの

 

 

9級10号

通常の労務に服することはできるが、めまいの自覚症状が強く、かつ、眼振その他平衡機能検査に異常所見が認められ、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの

 

 

12級13号

通常の労務に服することはできるが、めまいの自覚症状があり、かつ、眼振その他平衡機能検査の結果に異常所見が認められるもの

 

 

14級9号

めまいの自覚症状はあるが、眼振その他平衡機能検査の結果に異常所見が認められらないものの、めまいのあることが医学的にみて合理的に推測できるもの

 

 

inquiry

 

Traffic accident patient

 

 

【弁護士必見】めまいの後遺障害認定ポイント

脳起因なのか三半規管起因なのかを考える

交通事故診療においては、めまいの原因が脳起因なのか三半規管起因なのかを考えることが重要です。

 

その理由は、どちらの原因なのかによって、必要とされる検査が異なるからです。

 

 

三半規管起因では温度眼振検査の有意所見が必須

三半規管起因では、14級以上の後遺障害が認定されるためには、温度眼振検査の有意所見が必須です。

 

尚、14級9号の認定要件は「めまいの自覚症状はあるが、眼振その他平衡機能検査の結果に異常所見が認められらないものの」となっていますが、実務上は温度眼振検査で有意所見の無い事案は認定されません。

 

 

脳起因ではCT検査やMRI検査の有意所見が必須

脳起因で14級以上の後遺障害が認定されるためには、画像検査で脳幹や小脳の異常所見が必要です。

 

一方、脳起因のめまいでは、温度眼振検査の有意所見が出ない症例の方が多いです。

 

 

むちうちの「めまい」は温度眼振検査の有意所見は不要

むちうち(バレリュー症候群)の14級9号認定には、温度眼振検査(カロリックテスト)の有意所見は必須ではありません。

 

認定実務において、むちうちに関しては脳起因や三半規管起因の「めまい」とは別物と考える必要があります。

 

むちうちの「めまい」で後遺障害等級が認定されるためには、神経障害(むちうち)での自賠責認定基準を満たす必要があります。

 

しかし、14級9号が認定されるための通院頻度等を鑑みると、めまい単独で14級9号の自賠責認定基準を満たすことは困難です。

 

したがって、後頚部痛などと同時にめまいが認定されることはあっても、めまい単独で後遺障害等級認定されることは難しいと思われます。

 

 

軽微な追突事故でめまいを併発するのか?

三半規管起因のめまいでは温度眼振検査の有意所見が必須ですが、温度眼振検査で有意所見があっても、ストレートに12級や9級となりません。

 

実務では、軽微事故であったため、温度眼振検査で有意所見があっても14級に留まる事案が多いです。

 

このように事故規模がボトルネックになることが多いです。実臨床では軽微な追突事故であっても、耳石が動いてしまって、めまいが発生することは時々あるようです。

 

 

めまいが後遺障害認定されるためにはPETが必要?

めまいが後遺障害認定されるためにはPETが必要と考えている弁護士を散見します。

 

結論から申し上げますと、めまいが後遺障害認定されるためにはPETは不要です。

 

PETは生体内のブドウ糖代謝を見るものであり、悪性腫瘍や脳代謝の精査が目的です。

 

実臨床でめまいでPETが施行されることはなく、外傷であれば脳出血なのでCT検査やMRI検査で何らかの有意所見を認めれば問題ありません。

 

 

 

nikkei medical

 

 

まとめ

 

めまいの原因として、脳(脳幹や小脳)起因と内耳(三半規管)起因があります。めまいが後遺障害に認定されるためには、脳起因はCT検査やMRI検査での有意所見が、内耳起因では温度眼振検査(カロリックテスト)の有意所見が必須です。

 

一方、むちうちで発生するめまいは、脳起因や内耳起因のめまいと別物です。むちうちの自賠責認定基準に準じているため、めまい単独では自賠責認定基準を満たすことは困難であり、後頚部痛などのむちうち症状との合わせ技での後遺障害認定となります。

 

めまい(平衡機能障害)でお困りの事案があれば、こちらからお問い合わせください。

 

 

inquiry

 

Traffic accident patient

 

 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

資料・サンプルを無料ダウンロード

 

以下のフォームに入力完了後、資料ダウンロード用ページに移動します。

    関連記事

    ランキング