交通事故コラム詳細

fv fv

【医師が解説】仙骨骨折が後遺症認定されるポイント|交通事故

「お尻が痛い」という症状が、転倒や交通事故などによって出た場合には、仙骨骨折の可能性が考えられます。

 

仙骨骨折という言葉は馴染みが薄いかもしれませんが、整形外科ではよく見かける外傷です。仙骨骨折は痛みなどの後遺症を残す可能性もあります。

 

本記事は、仙骨骨折の後遺症が後遺障害認定されるヒントとなるように作成しています。

 

 

最終更新日:2024/1/20

 

download

 

 

仙骨骨折とは

 

仙骨は背骨の最も下に位置する大きな三角形の骨で、仙椎とも言います。仙骨は寛骨(腸骨、恥骨、坐骨)と骨盤輪を形成しています。

 

仙骨骨折は、交通事故だけではなく骨粗鬆症の高齢者が転倒して受傷することがあります。

 

 

<参考>
【医師が解説】骨盤骨折の後遺症が等級認定されるポイント|交通事故

 

 

sacral bone

 

 

仙骨骨折の症状

骨折部の痛み

仙骨骨折は、骨折部の痛みを残すことがあります。特に痛みの原因となりやすいのは、仙骨から仙腸関節に骨折がおよぶ事案です。

 

 

下肢の神経麻痺

仙骨骨折では、神経根損傷や馬尾損傷を合併することがあり、下肢の筋力低下、知覚低下、膀胱直腸障害をきたす可能性があります。

 

 

<参考>
【医師が解説】骨盤骨折の後遺症認定ポイント|交通事故

 

 

仙骨骨折の診断

レントゲン検査

通常、仙骨骨折を疑う際には、レントゲン検査が第一選択になります。レントゲン検査の中でも側面像が重要です。

 

 

sacral fracture

 

 

CT検査

仙骨骨折では、レントゲン検査の側面像でも骨折の有無が分かりにくいケースが多いです。このような場合には、CT検査を施行すると骨折の有無や骨折型を判断できます。

 

 

MRI検査

レントゲン検査やCT検査では分からずに、MRI検査を実施して仙骨骨折がようやく判明するケースも珍しくありません。

 

 

仙骨骨折に対する治療

仙骨骨折の保存療法

骨盤輪(仙骨~寛骨)に不安定性が無ければ、特に安静の必要性は無く、痛みに応じて歩行可能です。一方、骨盤輪の部分的な不安定性があれば、2~4週間の安静が必要です。

 

 

仙骨骨折の手術療法

骨盤輪に不安定性がある場合には、プレートやスクリューを用いた内固定手術が必要となります。

 

 

inquiry

 

Traffic accident patient

 

 

仙骨骨折の後遺症で考えられる後遺障害

神経障害

後遺障害12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの

 

仙骨骨折後に残った痛みを、画像検査で他覚的所見に証明できる事案が該当します。自賠責実務では、仙腸関節の転位を伴った事案が該当します。

 

 

後遺障害14級9号:局部に神経症状を残すもの

 

12級13号の事案ほど明確なズレ(転位)ではないものの、治療経過からも痛みが残っていることが推認されるケースが該当します。

 

 

変形障害

後遺障害12級5号:骨盤骨に著しい変形を残すもの

 

仙骨骨折を含めた骨盤骨折は、変形を残しやすい骨折です。しかし自賠責認定基準で変形障害に該当するためには「裸体になったときに外部から見てその変形が明らかに分かる程度」という条件をクリアする必要があります。

 

 

download

 

 

【弁護士必見】仙骨骨折の後遺障害認定ポイント

 

仙骨骨折が後遺障害に認定される可能性が最も高いのは、神経障害(12級13号、14級9号)でしょう。その中でも、特に仙腸関節に骨折が及んでいる事案です。

 

仙腸関節のズレ(転位)の評価は、レントゲン検査やMRI検査では困難であり、CT検査が必須です。

 

仙腸関節の転位程度を詳細に評価して、後遺障害診断書に記載されている症状を証明できる所見かを判断します。

 

仙腸関節の転位を残している仙骨骨折といえども、非該当になりやすいので注意が必要です。このような事案では、画像鑑定報告書を検討する必要があります。

 

<参考>
【画像鑑定】交通事故の後遺障害認定で効果的な理由|異議申し立て

 

 

仙骨骨折が非該当になってお困りの事案があれば、こちらからお問い合わせください。

 

 

inquiry

 

Traffic accident patient

 

 

仙骨骨折のまとめ

 

仙骨は背骨の最も下に位置する大きな三角形の骨で、寛骨(腸骨、恥骨、坐骨)とともに骨盤輪を形成しています。

 

仙骨骨折は、交通事故だけではなく骨粗鬆症の高齢者が転倒して受傷することがあります。

 

骨折部の痛みだけではなく、神経根損傷や馬尾損傷を合併して下肢の筋力低下、知覚低下、膀胱直腸障害をきたす可能性があります。

 

仙骨骨折ではCT検査が重要です。後遺症が残った際には12級13号や14級9号の神経障害に認定される可能性があります。

 

 

 

nikkei medical

 

 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

 

download

 

 

資料・サンプルを無料ダウンロード

 

以下のフォームに入力完了後、資料ダウンロード用ページに移動します。

    関連記事

    ランキング