ブログ詳細

fv fv

【医師が解説】頸椎捻挫で後遺症が等級認定されるために必要な検査

交通事故で発生する外傷でもっとも多いのは頸椎捻挫(むち打ち)です。
頸椎捻挫は後遺症を残しやすい外傷です。
 
本記事は、頸椎捻挫の後遺症で等級認定されるために必要な検査を知るヒントとなるように作成しています。
 

頸椎捻挫で想定される後遺障害

頸椎捻挫は、交通事故の外傷で後遺症を残しやすい代表的な傷病です。医学的な正式名称は、外傷性頚部症候群(whiplash-associated disorders: WAD)といいます。頸椎捻挫事案で、あらかじめ施行しておいた方が望ましい検査を考えてみましょう。
 
どのような検査が必要かを考えるためには、自賠責認定基準を紐解く必要があります。自賠責認定基準を満たすことを目的として、必要な検査を施行するという流れです。頸椎捻挫では、12級13号と14級9号では等級認定戦略が異なります。以下でそれぞれの後遺障害等級について戦略を解説します。
 

頸椎捻挫で12級13号に認定されるために必要な検査

周知のように、12級13号は極めてハードルが高いです。神経学的所見と画像所見が完全に一致するのは必要最低条件です。そして画像検査には、単純X線像だけではなく頚椎MRIも含まれます。単純X線像だけでは実質的に12級13号が認定されることはありません。
 
もちろん、頚椎MRIで椎間板ヘルニア等の有意な画像所見があるだけでは、12級13号に認定されることはありません。しかしそれらの所見が無ければ12級13号が認定されません。したがって、頚椎捻挫で12級13号を目指すのであれば、頚椎MRIは必須です。
 
MRI of the cervical spine
 

頸椎捻挫で14級9号に認定されるために必要な検査

一方、14級9号は、12級13号と根本的に自賠責認定基準が異なります。こちらも多くの基準をクリアする必要がありますが、画像検査に関しては単純X線像だけでも問題無いこともあります。もちろん、頚椎MRIを施行する方が望ましいケースは多いです。
 
しかし若年者では、頚椎MRIを施行しても有意所見の無いケースがあります。このような事案では、頚椎MRIを撮像してしまうと、逆に14級9号認定のハードルを上げてしまう可能性まであります。
 
X-ray of the cervical spine
 

まとめ

以上をまとめると下記のようになります。

  1. ① 頚椎捻挫では12級13号認定のためには頚椎MRIが必須
  2. ② 14級9号認定のためには頚椎の単純X線像だけでも可

 
②の14級9号認定の補足としては、頚椎の単純X線像で有意所見に乏しければ、頚椎MRIの施行を検討するという流れになります。
 

関連ページ

 

関連記事

ランキング