高次脳機能障害とMTBIや非定型精神障害との関係

投稿日:2022年1月8日 更新日:

高次脳機能障害の認定基準は、経験的に下記のごとくだと考えられています。

  1. 脳挫傷、びまん性軸索損傷、急性硬膜下血腫等の傷病名で確定診断されている
  2. ①の傷病名に該当する脳実質の画像的異常所見(脳挫傷痕、脳萎縮、脳室拡大)を認める
  3. 受傷直後に意識障害があり、それが一定時間の継続している

 

上記の①~③のどれが欠けても高次脳機能障害は認定され難いですが、②③が欠ける事案は珍しくありません。医師意見書や日常生活状況報告書では明らかな高次脳機能障害が存在するにもかかわらず、これらの要件を満たさないと高次脳機能障害には認定されないのです。

 

実臨床では、高次脳機能障害の症例のほとんどに②画像上の異常所見 ③それなりの長さの意識障害 が存在するので、自賠責認定基準は妥当と考えられます。

 

しかし、あくまでも「基準」なので、そこから漏れてしまう事案が一定数存在することは避けることができません。それでは実務的に②や③が欠ける事案はどうすればよいのでしょうか。

 

まず②画像上の異常所見が欠けている事案は極めて厳しいです。高次脳機能障害が認定される可能性は低いため、実際に酷い障害が残存しているケースでは、救済等級としての非定型精神障害が候補となります。

 

一方、③それなりの長さの意識障害が無かった事案に関しても厳しいですが、こちらはMTBIを目指すことになります。訴訟においてMTBIは認定され難いため、何とか異議申し立てもしくは紛争処理機構での調停を等級認定を模索します。

 

しかし、MTBIという診断名はなかなか明示されないため、実質的なMTBIである12級13号の神経系統の機能または精神の障害を目指すことになります。

 

-ブログ

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2022 AllRights Reserved.