交通事故コラム詳細

fv fv

【医師が解説】関節唇損傷(股関節)の後遺症認定ポイント|交通事故

股関節には、関節唇というリング状の軟骨があります。関節唇には股関節を安定化させる役割があり、膝関節の半月板のような働きがあります。

 

交通事故などの外力によって、股関節の関節唇が損傷すると股関節の痛みを残してしまいます。

 

本記事は、股関節関節唇の後遺症が後遺障害に認定されるヒントとなるように作成しています。

 

 

最終更新日:2023/12/14

 

 

股関節の関節唇損傷とは

 

股関節の関節唇とは、股関節の骨盤側をリング状に覆っている柔らかい軟骨です。股関節唇は大腿骨頭を包み込むことで安定させて、衝撃を吸収する役割を果たします。

 

股関節の関節唇には神経が存在しているため、損傷すると痛みを生じるケースがあります。また、長期的には変形性股関節症の原因となることもあります。

 

 

lubrum of hip joint

 

 

股関節関節唇損傷の症状

 

股関節の関節唇損傷では、以下のような症状がみられます。

 

  • 股関節や鼠径部の痛み
  • 股関節の詰まり感、引っ掛かり感、クリック音
  • 股関節の可動域制限

 

 

痛みは、鼠径部(脚の付け根)に現れる人が多いですが、側面や臀部に生じることもあります。長い間立っていたり歩いたりしていると、痛みが悪化しやすいです。

 

一方、股関節の関節唇損傷では、症状が無い場合も少なくないので注意が必要です。

 

 

股関節関節唇損傷の診断

MRI検査

股関節の関節唇損傷では、症状と身体所見からある程度の診断は可能です。しかし、確実な診断のためには、MRI検査が必要です。

 

股関節の関節唇損傷を詳しく精査するには、radial MR imagingという特殊な撮像法を実施する必要があります。ちなみに、この撮像法を開発したのは、私が所属している京都府立医科大学の股関節グループです。

 

 

lubrum injury

 

上の画像は、右股関節のMRI検査です。右股関節唇は膨隆しており、内部に信号変化を認めます。赤矢印部分が、股関節関節唇損傷を強く疑う所見です。

 

 

レントゲン検査

また、股関節の形態に異常がある場合は、それが股関節関節唇損傷の原因となることが多いです。このため、股関節の形態を調べるためにレントゲン検査も必要です。

 

 

股関節関節唇損傷の治療

保存療法

股関節関節唇損傷の治療では、保存療法が第一選択となります。股関節唇損傷が自然に治癒することはありませんが、保存療法によって約80%の患者さんの痛みが改善することが報告されています。

 

重要なのは、股関節を深く曲げる動作やあぐらをかくようなポーズを避けることです。しゃがみ込んだり、深いソファや床に座ることは避けましょう。

 

股関節周囲や体幹の筋力トレーニングや骨盤の柔軟性を高めるリハビリも痛みの緩和に効果的です。

 

 

手術療法

数ヵ月しても症状が改善しない場合は、手術を検討することがあります。手術は最終手段として考えられ、痛みの持続や改善が見られない場合に選択肢となります。

 

股関節関節唇損傷の手術療法としては、股関節の内視鏡手術があります。この手術では、股関節外側の小さな2~3ヵ所の穴から内視鏡を挿入して、損傷した関節唇を修復する手術を行います。

 

 

surgeon

 

 

股関節関節唇損傷で考えられる後遺障害

12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの

股関節関節唇損傷の症状を、MRI検査で他覚的所見に証明できる事案が該当します。画像所見があっても、交通事故との因果関係が明らかでなければ認定されません。

 

 

14級9号:局部に神経症状を残すもの

MRI検査で股関節関節唇損傷を疑うものの、12級13号が認定されるほど明確な画像所見ではなく、治療経過から神経症状の存在が推認される事案が該当します。

 

 

 

nikkei medical

 

 

【弁護士必見】股関節関節唇損傷の後遺障害認定ポイント

股関節関節唇損傷では交通事故との因果関係が問題になる

股関節関節唇損傷では、交通事故との因果関係が問題になる事案が多いです。その理由は、股関節関節唇損傷は、臼蓋形成不全という股関節の形態が原因となって受傷するケースがほとんどだからです。

 

このため、股関節関節唇損傷は、交通事故とは無関係の既往症と見なされがちです。交通事故との因果関係を証明するには、受傷時の肢位や診療経過を精査する必要があります。

 

 

股関節関節唇損傷の診断は難しい

股関節関節唇損傷は、診断が難しいことで有名です。その理由は、股関節関節唇損傷の多くは、整形外科医の中でも股関節外科医が専門的に治療するからです。

 

股関節関節唇損傷の診断には、単にMRI検査を施行すればよいのではなく、前述のradial MR imagingという特殊な撮像法を実施する必要があります。

 

弊社には、股関節関節唇損傷の治療経験のある股関節外科医が複数名所属しています。股関節関節唇損傷でお困りの事案があればこちらからお問い合わせください。

 

 

inquiry

 

Traffic accident patient

 

 

まとめ

 

股関節の関節唇とは、股関節の骨盤側をリング状に覆っている柔らかい軟骨です。股関節唇は大腿骨頭を包み込むことで安定させて、衝撃を吸収する役割を果たします。

 

股関節関節唇損傷を診断するには、radial MR imagingという特殊な撮像法を実施する必要があります。

 

股関節関節唇損傷で考えられる後遺障害として、12級13号と14級9号があります。後遺障害認定では、交通事故との因果関係が問題となるケースが多いです。

 

 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

関連記事

ランキング