ブログ詳細

fv fv

【医師が解説】CRPSの後遺症が等級認定されるために必要な検査

交通事故で発生する非常にやっかいな外傷のひとつにCRPS(複合性局所疼痛症候群)があります。CRPSは高度の後遺症を残しやすいにもかかわらず、異議申立てによっても非該当になりやすい外傷です。
 
本記事は、CRPSの後遺症で等級認定されるために必要な検査を知るヒントとなるように作成しています。
 

CRPSで想定される後遺障害

CRPSは難治性であり、現在の医療をもってしても完治が難しい傷病です。CRPSは軽度の外傷で発症することも珍しくありません。
 
不幸にもCRPSを併発した場合、後遺症の等級認定は、症状、労働能力喪失の程度、他覚所見の有無などを総合的に勘案して決定されます。後遺障害等級としては、7級~14級が認められる可能性があります。
 
7級4号
神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級10号
神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
12級13号
局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号
局部に神経症状を残すもの
 

CRPSが非該当になりやすい理由

CRPSは、交通事故後の後遺症として争いになりやすい傷病です。争いになりやすい原因は、自賠責等級認定実務と整形外科実臨床の乖離が大きいためです。自賠責保険では公平な補償業務遂行のために、CRPSではない事案を可能なかぎり排除します(感度が高い)。
 
一方、実臨床ではCRPSの症例を見逃さないように診断基準を下げています(特異度が低い)
CRPSは初期治療が重要です。このためCRPSを見逃すと取り返しのつかないことになるからです。双方の目的がここまで異なる傷病も珍しいでしょう。
 
周知のように、自賠責認定基準では関節拘縮、皮膚所見、骨萎縮の3徴候をすべて満たさない限り、CRPSとしての等級は認定されません。
 
しかし実臨床のCRPS診断基準では、3徴候は必須ではありません。実際にはCRPSである可能性が低い症例であっても、早期から治療に介入するためにCRPSと診断します。
 

CRPS(Complex regional pain syndrome)

CRPS(Complex regional pain syndrome)


 

CRPSの等級認定に必要な検査

このため、自賠責保険で等級認定を受けるためには、3徴候を客観的に証明できる医証を収集する必要があります。具体的には下記の検査や資料が必要です。

  • 関節拘縮: 関節拘縮を明記した後遺障害診断書
  • 皮膚所見: 両側の患部を同時撮影したカラー写真、もしくはサーモグラフィ
  • 骨萎縮: 両側の単純X線像

上記の医証のひとつでも欠けると等級認定されません。また、すべての検査や医証で有意所見が存在することが必須です。さらに臨床経過も重要で、きっちりとCRPSの治療が施行されている必要があります。
 
弊社で取り扱いした事案では、3徴候がそろわないことが意外なほど多いです。診療録や画像所見をみるとCRPSである可能性が高い事案でも、すべての自賠責認定基準を満たしているわけではないのです。
 

CRPSが等級認定される検査のポイント

必要な検査を取り寄せる際には「両側を比較している」ことがポイントになります。例えば、右手のCRPSであれば、左側の画像所見も必要です。
 
よくあるのは延々と患側の単純X線像のみ撮影され続けている事案です。このような事案では本当に有意所見なのか判断できないことが多いです。このため、CRPSにおいては両側の検査が施行されていることを確認しておく必要があります。
 
また、皮膚所見の存在を証明するために患部のカラー写真が必要ですが、画像が判然としないことが珍しくありません。このような事案ではサーモグラフィが必要となります。
 

関連ページ

 

関連記事

ランキング