3ヵ月で治療が終了した橈骨遠位端骨折事案はどうすればよいのか?

投稿日:2021年9月4日 更新日:

手首の骨折である橈骨遠位端骨折は、整形外科領域では代表的な外傷です。整形外科医にとって数が多くて非常にメジャーな骨折であるため、定型的な治療方針をとっている施設が多いです。受傷後3ヵ月もすると、しっかり骨癒合して関節可動域の改善も見込みにくい時期になります。このため受傷後3ヵ月をひとつの区切りとして治療を終了するケースが多いです。

 

しかし、周知のように自賠責の後遺障害認定基準では、四肢切断や1級相当の意識障害遷延事案を除いて、症状固定までの期間が6ヵ月必要です。もし橈骨遠位端骨折を受傷した方が受傷後3ヵ月で終診(≒症状固定)するとどうなるのでしょうか? この場合は、ほとんどの事案で非該当となります。

 

たしかに受傷後3ヵ月も経過すると、治療としてはやることが無くなります。このため主治医の立場では受傷後3ヵ月で治療は終了(=症状固定)と考えがちですが、自賠責認定基準では等級が認められなくなるというジレンマが発生します。特に50歳台よりも上では単純な橈骨遠位端骨折ではなく、関節内に骨折がおよぶ事案が多くなります。

 

関節内に骨折がおよぶ事案では、変形性手関節症が進行して頑固な手関節痛や可動域制限を併発しがちです。それにもかかわらず受傷後3ヵ月で症状固定されてしまったため、等級が認定されなかったという事案ではどのように対処すればよいのでしょうか? このような事案では手関節痛が持続しているため、主治医を再診して何か治療法が無いかを相談すると良いでしょう。

 

TFCC損傷が無ければ、ロキソニン等の消炎鎮痛剤処方や手関節装具を処方して経過観察することになります。そして、自賠責認定基準対策としては症状固定後も治療を続けていることを記載した主治医の診断書を作成してもらい、画像所見を添付して異議申し立てすると等級が認定される可能性があります。

 

交通事故で橈骨遠位端骨折を受傷して非該当であったものの、手関節部痛が持続して困っている人は上記のような対策を考えてみましょう。

-ブログ

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2021 AllRights Reserved.