医療訴訟の問題点

投稿日:

弊社は交通事故や労災事故の事案を主に取り扱っていますが、時々顧問契約をいただいている法律事務所様から医療訴訟事案の相談があります。医療訴訟は、交通事故や労災事故と異なりパターン化されていません。このため、ひとつひとつの事案を読み込むのに時間がかかります。

医療訴訟となる原因は結果が思わしくなかったことですが、結果が悪い=医療過誤がある ではありません。むしろ、医療行為そのものには問題が無かったが、結果が思わしくなかった症例が多い印象です。

ただ、単に結果が悪かっただけでは訴訟を提起できないので、弁護士の先生は何か医療ミスが無かったのかを精査するのですが、実際には医療過誤を見つけるのは容易ではありません。

基本的には医師を始めとする医療者は真摯に医療に向かい合っているため、重大なミスが原因となって不幸な転帰にいたることは少ないのです。このことを被害者に納得していただくことは難しいです。

結果が悪いのだから何か医療過誤があったに違いないと...。しかし、医療は不確実です。適正な治療を行っていても、ある一定の確率で医療事故は発生します。

もちろん、明らかな医療過誤がある場合には弊社も被害者の力になりますが、通常は医療者側にミスがあることは少ないので医療訴訟に本格的に取り組むことはあまりありません。

顧問契約を締結いただいている法律事務所様には医療訴訟事案も対応しますが、期待に沿えないことが多々あることをご理解いただけるとありがたいです。

-ブログ

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2019 AllRights Reserved.