乗車中の交通事故で内側半月損傷は少ない

投稿日:2020年10月24日 更新日:

交通事故では、膝関節内側半月損傷と事故との因果関係が争点となることがあります。たしかに、交通事故に起因して内側半月損傷を受傷することもありますが、多くの事案では交通事故ではなく変性(加齢性変化)が原因である印象です。

 

もし交通事故で内側半月損傷を受傷したのであれば、初診時に相当な関節血種が存在するはずです。しばしば歩行困難となるほどの血種になるので、このような事案では交通事故で内側半月損傷を受傷した可能性があります。しかし、多くの事案ではこれほどの局所所見を有することはありません。

 

あと、受傷機転も問題となります。自動車に乗車中で座席に座っている状況では、内側半月損傷を受傷する可能性は極めて低いです。何故なら、内側半月損傷はスポーツなどで膝関節を強制的に捻転した際に受傷することが多いからです。座席に着座している状況でこのような受傷機転が発生することは想定しがたいです。

 

 

MRIでは上記のような水平断裂が多いのですが、これは典型的な変性断裂の所見です。MRIで内側半月損傷を認めるといっても、水平断裂であれば事故との因果関係は否定的です。このように、自動車乗車中の交通事故では、膝関節の内側半月損傷を受傷することはあまり無いことを知っておくべきでしょう。

 

尚、MRIでの内側半月損傷形態の説明はこちらを参照してください。

 

-ブログ

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2020 AllRights Reserved.