事故に起因する膝半月損傷の判別方法

投稿日:2020年6月13日 更新日:

交通事故や労災事故の患者さんで、MRIにおいて半月損傷を認めるケースは多いです。このような場合、患者さんおよび主治医は、事故による半月損傷であると判断することが多いです。

 

しかし、本当に外傷性の半月損傷であるか否かを判断するためには、いくつかのチェックポイントがあります。その中のひとつが半月板の断裂形態です。

 

関節のMRIを紐解くと、半月損傷は下記のごとく分類されます。

  •  水平断裂
  •  縦断裂

 

① 水平断裂

 

①の水平断裂は下図のような断裂形態で、内側半月の後節に好発します。変形性膝関節症に伴う例が多く、外傷性ではなく加齢性の断裂である可能性が高いです。

 

 

② 縦断裂

 

②の縦断裂は外傷性の場合が多いです。このような断裂形態の場合は事故との因果関係を強く主張することが可能です。

 

このように半月損傷と言っても、外傷性だけではなく変性(加齢性)の断裂も多いため、後遺障害申請の際には注意する必要があります。

 

-ブログ

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2020 AllRights Reserved.