自律神経失調症ではバレリュー症候群も考慮

投稿日:

交通事故や労災事故の頚椎病変で有名なもののひとつに、バレリュー症候群があります。バレリュー症候群とは、外傷性頚部症候群に随伴する自律神経症状を指します。

 

病態は不明ですが、自律神経失調症の一種として扱われています。バレリュー症候群という傷病名は、フランス人医師のバレ(Barre)とリュー(Lieou)が報告したことに由来しています。

 

さて、バレリュー症候群は法曹関係者の間では有名な傷病名ですが、医師(整形外科医、脊椎外科医)の間では、ほとんど知られていません。

 

先日も、実臨床の経験が豊富な20年選手の脊椎外科医が「バレリュー症候群なんてきいたことない」とおっしゃられていました。かく言う私もこの仕事をするまでバレリュー症候群を知りませんでした。

 

それだけバレリュー症候群が医師の間で知られていない理由は、症状や病態の分かりにくさに起因すると考えています。いわゆる「不定愁訴」なので、外来で訴えられても心因性だと片付けられてしまいがちです。

 

実際にバレリュー症候群が存在するのか否かは、私自身懐疑的ではありますが、不定愁訴を訴える患者さんがいらっしゃるのも事実です。

 

臨床の現場では、このような不定愁訴が心因性と片付けられがちですが、めまい、耳鳴、眼精疲労、全身倦怠、動悸などの症状が残存している場合には、バレリュー症候群の存在も念頭におく必要があるかもしれません。

-ブログ

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2020 AllRights Reserved.