理想的な画像閲覧環境を手に入れる

投稿日:2017年4月1日 更新日:

医療画像を見るのに適した環境を手に入れるためには、どうすればよいのかをお話しします。最近では医療画像はCDベースのことがほとんどです。しかし、ビューワーが統一されていないため、画像を表示することが難しいケースが散見されます。

 

まず前提として、画像CDの表示が遅いのは、CDのデータ転送スピードが遅いことが律速段階であることがほとんどです。このため、PCを買い換える前に以下を試してください。

 

画像を直接CDから開くのではなく、CDの中身をすべてハードディスクにコピーしてから、ハードディスクからビューワーの起動をするようにしてください。それでスピードが問題ない場合は、あえて本体を買い換える必要はありません。

 

CDに内蔵されているビューワーはバラバラなので、ビューワーを統一したいということであれば、まず次のフリーのビューワーをりダウンロードして、PCにインストールしてください。

 

Philips DICOM viewer PmsDview.exe

http://clinical.netforum.healthcare.philips.com/global/Explore/Clinical-News/MRI/Philips-DICOM-Viewer-download-version-R30-SP3

 

画像CDの中のDICOMフォルダ(画像データ)と、DICOMDIR(画像格納インデックス)というファイルだけをハードディスクにコピーします。上記ソフトから、DICOMDIRを開きます。すると画像が表示されます。

 

このようにして、画像データをハードディスクにコピーして操作することで、CDのデータ転送段階を省けるので、スムーズに画像資料を閲覧することが可能となります。

-ブログ

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2018 AllRights Reserved.