交通事故コラム詳細

fv fv

【日経メディカル】交通事故診療では初診時の漏れない傷病名記載が患者さんを救う

日経メディカルの連載コラム(隔週連載)に、弊社代表 濱口裕之の記事が掲載されたのでお知らせいたします。

 

 

最終更新日:2024/3/26

 

download

 

 

交通事故診療の症状記載漏れについてのコラム記事

 

今回の日経メディカルの連載コラムは、交通事故診療の初診時における傷病名記載についての話題です。

 

 

濱口裕之の「治療だけで終わらせない交通事故診療」第57回
交通事故診療では初診時の漏れない傷病名記載が患者さんを救う

 

 

 

nikkei medical

 

 

 

初診時に傷病名が無いと交通事故診療の俎上に乗らない?!

 

交通事故診療においても、医師は普段の診療である健康保険のルールを踏襲しているケースが多いです。

 

このため、的を絞った診療を心掛けるのですが、このことが仇となって初診時の傷病名が漏れてしまうケースを散見します。

 

自賠責保険では、初診時には無くて途中から登場した傷病名は、事故との因果関係無しとみなさる可能性があります。

 

 

症状のある全ての部位の傷病名を記載しよう

 

健康保険では、的を絞った診療が推奨されています。このため、メインの傷病名しか記載されない例が少なくありません。

 

一方、自賠責保険では、初診時の傷病名は交通事故との因果関係を証明する手段の1つとなっています。

 

このため、健康保険の習慣を変えて、症状のある全ての部位の傷病名を記載することが望ましいです。

 

 

<参考>
【医師が解説】後遺障害診断書の等級認定で有利な記入例|交通事故
【医師が解説】後遺障害診断書で自覚症状を伝えるポイント|交通事故
【日経メディカル】各科の医師が覚えておきたい「患者さんを救う」後遺障害診断書の書き方

 

 

driver

 

 

詳細は日経メディカルを参照してください

 

日経メディカルの連載コラムの要点を記載しました。詳細な内容に関しては、日経メディカルを参照してください。

 

 

 

※ 日経メディカルは、日経グループの医師・医療従事者のための総合医療情報ポータルです。

 

 

inquiry

 

Traffic accident patient

 

 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

資料・サンプルを無料ダウンロード

 

以下のフォームに入力完了後、資料ダウンロード用ページに移動します。

    関連記事

    ランキング