鎖骨遠位端骨折に続発した肩関節可動域制限

投稿日:

鎖骨遠位端骨折の治療は比較的難しいです。その理由は、鎖骨遠位端骨片が小さいため、強固な内固定を実施することが難しからです。小さな骨片を固定するためにいくつかの手術法や内固定材料がありますが、最もよく選択されるのはクラビクルフックプレートを使用した骨接合術です。

クラビクルフックプレートとは、上図のように遠位のフック部分を肩峰下にひっかけることで鎖骨骨片が上方に転位することを防ぐ内固定材料です。手術手技が簡単なことと確実な固定性を得ることができるため、多くの施設で鎖骨遠位端骨折の手術で選択されています。

しかし、クラビクルフックプレートには大きな弱点があります。それはフック部分に起因するものです。主に2つあるのですが、1点目はフック部分が肩峰を下方から削ってしまうことです。放置すると肩峰骨折を併発することがあるので術後3ヵ月以降で骨癒合を確認した時点で抜釘することが多いです。

2点目は、フック部分が邪魔になって肩関節挙上時に外転制限を併発することです。通常、抜釘すれば速やかに肩関節可動域制限(主に外転制限)は改善します。しかし、中年以降の患者さんでは肩関節可動域制限が残存することも多いです。

一見すると肩関節そのものの外傷ではないのですが、クラビクルフックプレートが手術で使用されている場合、肩関節可動域制限を併発して12級6号や10級10号になることもあるので注意が必要です。

-ブログ

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2020 AllRights Reserved.