弁護士紹介サービス

lawyer-main

弊社と提携している医療関係に詳しい全国の弁護士を無料でご紹介いたします。

こんな悩みありませんか?

  • 弁護士のイラスト本当に交通事故や労災事故に
    強い弁護士はどこ?
  • 医師と相談している患者のイラスト医師と連携している
    弁護士はどこ?
  • 一人で悩んでいる女性のイラスト複雑な症状でも理解して
    もらえる弁護士はどこ?

そんな悩みを解決します!

\ 交通事故当事者に寄り添ったサポート /

一人ひとりのお悩みに合わせた柔軟な対応を致します。

POINT

Point01
医師と連携している弁護士が強い
握手をしている手アップ

適正な補償を得るためには、医師と連携している弁護士の力が不可欠です。一般的な法律事務所は、大手と言えども医師との連携は皆無です。このため、どうしても表面的な対応になってしまい、適正な補償の取り漏らしが多発しているのが現実です。このような事態を避けるためには、医師と連携している弁護士への依頼が望ましいのですが、実際に医師と連携できている弁護士を探し出すのは至難の業です。この問題に対応するために、弊社と提携している全国の実力派弁護士を紹介させていただきます。


Point02
複雑な障害でも対応可能
男性医師二人の写真

交通事故や労災事故で最も多いのは整形外科領域の障害です。しかし、重度外傷では、たくさんの領域にまたがって障害を受けることも多いです。弊社では脳神経外科や外科はもちろんのこと、眼科、耳鼻科、歯科、泌尿器科、精神科などのマイナー科の障害であってもワンストップで対応可能です。

事例

橈骨遠位端骨折後の関節可動域制限

脳神経外科と耳鼻咽喉科にまたがる障害のレントゲン画像
交通事故で橈骨遠位端骨折(手首の骨折)を受傷して、疼痛や可動域制限などの症状が残存していますが、画像上の有意所見が無いとのことで非該当になりました。この結果に納得されなかった被害者が弊社提携の弁護士に相談したところ、健側比で外傷性変形性関節症の可能性を指摘されました。再度CTを撮影して関節面の不整および変形性手関節症の存在を証明したところ、手関節機能障害として12級6号が認定されました。

脳神経外科と耳鼻咽喉科にまたがる障害

橈骨遠位端骨折のレントゲン画像
交通事故に起因する高次脳機能障害5級および嗅覚障害12級の認定を受けましたが、いずれも中枢神経損傷による障害であるとして併合4級は認定されませんでした。弊社で精査したところ、嗅覚障害は嗅糸および嗅上皮損傷による可能性が高いことが判明しました。耳鼻科専門医による意見書を添付して異議申し立てしたところ併合4級が認定されました。

ご利用の流れ

  1. 01お問い合わせ

    メールフォームにてお問い合メールわせください。
    尚、弁護士紹介業務は弊社のメインサービスではないため、お電話での対応はいたしかねます。

  2. 02メールにて返信

    通常2営業日以内に、提携している弁護士の連絡先をメールにて返信いたします。

※お電話での問い合わせは固くお断りいたします。

お問い合わせ

お問い合わせ >

よくあるご質問

無料で紹介してもらえるのですか?
はい、無料で全国の交通事故に詳しい提携弁護士を紹介させていただきます。
自宅近くの弁護士の方がいいのですか?
自宅から近いに越したことはありませんが、最も重要なことは交通事故業務に精通していることです。弊社と提携することによって医療内容にまで踏み込んだ対応が可能な弁護士をご紹介いたします。
提携弁護士なら確実に意見書を作成してもらえるのですか?
医学意見書や画像鑑定報告書が効果的な事案は限られています。弁護士および弊社で検討した結果、意見書や画像鑑定報告書が有効と判断した場合にのみ作成いたします。意見書や画像鑑定報告書を作成しない場合であっても、提携弁護士は最善の方法で事故対応いたします。
なぜ、電話対応していないのですか?
医療に強い弁護士を紹介して欲しいという問い合わせが多いため、提携弁護士紹介フォームを準備しましたが、弊社としてはあくまでもボランティアで行っています。このため、電話対応は固くお断りしています。

投稿日:2019年8月28日 更新日:

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2019 AllRights Reserved.