「ブログ」 一覧

自律神経失調症ではバレリュー症候群も考慮

2020/04/04   -ブログ

交通事故や労災事故の頚椎病変で有名なもののひとつに、バレリュー症候群があります。バレリュー症候群とは、外傷性頚部症候群に随伴する自律神経症状を指します。   病態は不明ですが、自律神経失調症 …

頚椎後縦靭帯骨化症(OPLL)の素因減額割合

2020/03/28   -ブログ

頚椎後縦靭帯骨化症(OPLL)の患者さんは、軽微な外傷でも重篤な脊髄症状を併発することがあります。交通事故の現場で問題になるのは、ちょっとした追突事故がきっかけで四肢麻痺を発症してしまい、事故との因果 …

自賠責診断書の病名はクセ者

2020/03/14   -ブログ

自賠責の診断書には少し注意する必要があると思っています。それは、診断名に被害者の病態とはかけ離れた訳の分からない傷病名がついていることが多いからです。   例えば、救急病院で頭部CTの続きで …

関節内骨折でなくても可動域制限は併発する

2020/03/07   -ブログ

関節近傍骨折のために、関節機能障害を併発することがあります。本日は足関節を例にして、関節近傍骨折が関節機能に及ぼす影響をご説明します。   下腿の脛骨と腓骨は皮下の直下にある長管骨なので、外 …

脳脊髄液漏出症診療指針

2020/02/29   -ブログ

先日、顧問契約をいただいているクライアントを訪問した際に、興味深い資料をいただきました。脳脊髄液漏出症についての診療指針が国土交通省から届いたとのことでした。 内容を拝見しましたが、中外医学社から発刊 …

脊柱の運動障害が認められる条件とは

2020/02/22   -ブログ

脊椎椎体圧迫骨折では脊柱の変形障害もさることながら、胸腰椎部の可動域制限による運動障害も残存する可能性があります。実は、私たち整形外科医は日常生活においては胸腰椎部の可動域制限にはあまり気にかけません …

鎖骨遠位端骨折に続発した肩関節可動域制限

2020/02/18   -ブログ

鎖骨遠位端骨折の治療は比較的難しいです。その理由は、鎖骨遠位端骨片が小さいため、強固な内固定を実施することが難しからです。小さな骨片を固定するためにいくつかの手術法や内固定材料がありますが、最もよく選 …

画像での下肢長計測とメジャー計測の比較

2020/02/08   -ブログ

先日、人工股関節全置換術を施行するにあたって、下肢脚長差を測定する機会がありました。身体所見ではSMD 72cm/74cmでした。患側が約2㎝短縮しているようです。SMDは体表から測定するので、正確さ …

そのSLAP損傷は本当に外傷性なのか?

2020/02/01   -ブログ

肩関節周囲の外傷では腱板損傷が最もメジャーです。腱板損傷を知らない整形外科医は皆無といってよいですが、SLAP損傷についてはどうでしょうか? ときどき事故によるSLAP損傷という診断書をみかけることが …

医師用の後遺障害診断書ガイドの注意点

2020/01/26   -ブログ

最近、交通事故被害者から「後遺障害診断書の書き方ガイド」に関する資料が添付されていることが多いことに気付きました。後遺障害診断書と一緒に添付されているのですが、正直言って気付かないことが多いです。 & …

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2020 AllRights Reserved.