「ブログ」 一覧

肩関節可動域は屈曲角度の方が改善しやすい

2021/02/27   -ブログ

先日、弁護士の先生から上腕骨近位端骨折後の肩関節拘縮例において、屈曲角度と外転角度が同じように改善するものなのか? というご質問をいただきました。   臨床医の感覚としては、肩関節の可動域で …

膝半月板損傷は下肢を踏ん張っただけで受傷するのか?

2021/02/20   -ブログ

交通事故の事案で、膝関節の半月板損傷は比較的多くみかける傷病名です。MRIではっきり描出されていることが多いため、弁護士の先生的には「これは事故を契機とした損傷である」と思いがちです。   …

新型コロナウイルス感染症 クラスター対策の鑑定業務

2021/02/13   -ブログ

弊社の主要なサービスは、法律事務所の交通事故事案のサポートです。しかし、医療と法曹界の橋渡しがビジネスモデルなので、交通事故以外にもさまざまな医療的な相談が寄せられます。多いのは医療訴訟ですが、信頼関 …

膝関節不安定性における自賠責認定基準と実臨床との相違

2021/02/06   -ブログ

バイク事故などでは、膝関節靭帯損傷で関節不安定性が残存するケースがあります。自賠責認定基準では(明文化されていないものの)ストレス撮影において健側比で約5mm以上の引き出しがあれば、関節不安定性有りと …

男性医師二人の写真

自賠責認定基準の理解は自然科学に通ずる?!

2021/01/30   -ブログ

弊社は70名を超える、ほぼすべての科の専門医と業務提携していますが、弊社内には豊富な臨床経験だけではなく、自賠責認定基準にも精通した「管理医師」がいます。   管理医師は、整形外科専門医8名 …

めまい診療にMRIは有効なのか

2021/01/23   -ブログ

めまいの検査として、眼振検査やカロリック検査などの機能検査があります。自賠責認定基準においてもこれらの検査結果で判定されますが、実臨床では頭部MRIが施行されることもあります。   MRIを …

脊柱変形障害の労働能力喪失率は後弯変形に規定される

2021/01/16   -ブログ

交通事故による脊椎骨折では、脊柱変形の程度によって11級、8級、6級の3段階の後遺障害等級があります。等級認定基準は明示されているので、プロットの採り方で等級が変化する問題点はあるものの、全体からみる …

医師と相談している患者のイラスト

治療費概算書の作成依頼が増加している?

2021/01/09   -ブログ

最近、立て続けに、後遺障害の示談交渉で用いる「将来発生する可能性のある治療費の概算資料」の作成依頼がありました。治療費の概算費用は、日常診療でも患者さんからよく訊かれます。このため、特に違和感は無いの …

外傷性の肩関節拘縮は障害が残りやすい

2021/01/02   -ブログ

新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い申し上げます。   本日は肩関節拘縮の話題です。肩関節は人体の中でも拘縮しやすい関節のひとつです。交通事故によらずとも、「四十肩」「 …

それは本当に骨挫傷なのか?

2020/12/26   -ブログ

骨挫傷とは、MRIが広く臨床応用されるようになって新しくできた概念です。MRIのT1強調画像で低信号、T2強調画像でびまん性に高信号をきたします。骨髄内での出血、浮腫、微小骨折を描出していると言われて …

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2021 AllRights Reserved.