「ブログ」 一覧

訴訟提起する前に医学的整合性の確認を!

2021/07/24   -ブログ

最近、訴訟事案の相談が多数寄せられています。このうち半分ぐらいは容易に相手側に反論することが可能です。1/4ぐらいの事案は、お互い決定打に欠けるため水掛け論に持ち込むことになります。   そ …

大学の手外科医にTFCC損傷で皮下出血の存在する症例があるのかを訊いてみた

2021/07/17   -ブログ

先日、手関節のTFCC損傷の事案で「受傷時に皮下出血を認めなかった」ために事故との因果関係を否定された事案がありました。   この事案では受傷後早期のMRIで明らかなTFCCの尺骨小窩付着部 …

精神科疾患の後遺障害

2021/07/10   -ブログ

最近、精神科系統の後遺障害等級に関する相談が増加しています。交通事故で遭遇する精神科疾患は、大きく分けてPTSDと外傷性うつ病があります。両者とも非器質性精神障害として括られていますが、アプローチの仕 …

男性医師二人の写真

遺言能力鑑定を行うのは脳神経内科や精神科医師だけではない?!

2021/07/03   -ブログ

遺言能力鑑定では、通常は脳神経外科医師、脳神経内科(神経内科)医師、精神科医師が意見書作成に取り組むことが多いです。これは、判断能力に影響を及ぼす疾患は、認知症や脳卒中が多いからです。   …

脛骨遠位骨折では足関節機能障害をきたしやすい

2021/06/26   -ブログ

人口比で考えると、膝関節部痛を訴える人は足関節部痛を訴える人よりも圧倒的に多いです。これは膝関節が靭帯や半月板といった、たくさんのパーツで構成されていることも要因のひとつです。   このため …

頚部痛が前駆せずに上肢症状で発症する事案は存在するのか?

2021/06/19   -ブログ

損保側から提出される意見書の中には、上肢症状の発症時期について下記のような見解を述べている医師を散見します。損保側の顧問医師が主張するように、たしかにこのような経過をとる症例は多いです。 外力によって …

「症状の推移について」の「軽減」問題を考える

2021/06/12   -ブログ

最近、異議申し立てに際して、「症状の推移について」に記載されている内容が理由で等級認定なされなかった事案がありました。具体的には、疼痛の初診時から終診時までの推移が「軽減」とされたためです。自賠責認定 …

腰椎や肩関節の再発症状と事故との因果関係

2021/06/05   -ブログ

先週は経時的に増悪する症状と事故との因果関係の話題でしたが、今週は手術を施行して1度良くなった症状が再発したケースを考えてみたいと思います。再発した場合の争点は、やはり事故との因果関係です。 &nbs …

経時的に増悪する麻痺症状と事故との因果関係

2021/05/29   -ブログ

頚椎不全損傷や中心性頸髄損傷などの傷病名がついている事案では、症状が経時的に増悪する事案を散見します。頚髄損傷では、教科書的には受傷早期が最も症状が強く、経時的に軽快(もしくは不変)していくと記載され …

見逃されやすい頚椎椎体前縁骨折(11級7号)

2021/05/22   -ブログ

棘突起骨折などの脊柱後方成分の骨折は、脊柱の変形障害には該当しません。臨床的には頚椎棘突起骨折は比較的みかけるのですが、14級9号程度にしか認定されないケースが多いです。   しかし、ときど …

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2021 AllRights Reserved.