「 投稿者アーカイブ:mcadm 」 一覧

TFCC損傷では可動域制限が重要

2017/11/04   -ブログ

昨今の自賠責では肩関節の腱板損傷と手関節のTFCC損傷のハードルが高まっています。肩関節に関しては無症候性腱板断裂の存在が多いことが原因だと考えています。   一方、手関節のTFCC損傷に関 …

腱反射

2017/10/28   -ブログ

腱反射の評価は自賠責保険における後遺症認定で重要な意味を持ちます。それは患者自身が随意的にコントロールをすることが不可能なため、筋力試験と違って客観的な神経学的診察といえるからです。 運動系では上位運 …

no image

2017年11月26日(日)に品川でセミナーを開催いたします

2017/10/21   -お知らせ

弊社顧問医師が、弁護士の先生を対象としたセミナーを2017年11月26日(日)に品川で開催いたします。   第1部 整形外科医からみた実臨床と自賠責対応の相違点   弊社顧問医師 濱口裕之 …

セミナーのご案内(品川)

2017/10/21   -ブログ

今日はセミナーについてのお知らせです。 弊社顧問医師が、弁護士の先生を対象としたセミナーを2017年11月26日(日)に品川で開催いたします。   第1部 整形外科医からみた実臨床と自賠責対 …

医療界では日本は輸入超過国

2017/10/14   -ブログ

9月にアメリカを襲ったハリケーンが甚大な被害をもたらしたことはニュースで聞きましたが、どこか別世界のことのように考えていました。 しかし実際われわれの整形外科の診療で問題が出始めています。今回直撃を受 …

医証の検証は難しい

2017/10/07   -ブログ

最近では、外傷性頚部症候群(いわゆる、むち打ち症)などの単純な意見書依頼の割合が少なくなり、かなり医証を読み込まないと対応が難しい事案の依頼が増えてきています。   医学的な難症例ということ …

no image

脊椎椎体(圧迫)骨折でのMRI検査の有用性

2017/09/30   -ブログ

  椎体骨折の診断でMRI検査の有用性は言うまでもありません。骨粗鬆症の予防と治療ガイドラインにも、発生後2週間以内は単純レントゲンよりも診断率が高いと記されています。 レントゲンで写る骨折 …

no image

脳脊髄液減少症は存在するのか?

2017/09/23   -ブログ

外傷性頚部症候群との関連で、ときどき脳脊髄液減少症が問題となることがあります。脳脊髄液減少症は、脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏出することで減少し、頭痛・めまい・耳鳴り・倦怠感などの様々な症状を呈すると言わ …

no image

MRI検査のご依頼

2017/09/16   -ブログ

MRI検査は脊椎疾患、肩腱板損傷、TFCC損傷、靭帯損傷、膝半月板損傷、早期の骨折診断など、整形外科領域の診断には非常に有用な検査です。事故の場合も有用なケースが多く、例えば外傷性頸部症候群の患者さん …

no image

TFCC損傷診断の注意点

2017/09/09   -ブログ

交通事故関連の外傷で、等級認定が難しいもののひとつに手関節のTFCC損傷が挙げられます。TFCCは、手関節尺側に存在する関節円板や靱帯、半月板類似体の総称であり、三角線維軟骨複合体の略称です。 &nb …

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2020 AllRights Reserved.