「 投稿者アーカイブ:mcadm 」 一覧

医療訴訟の争点探しは難しい

2018/06/09   -ブログ

最近、立て続けに医療訴訟事案の相談を受けました。弊社の方針として、交通事故や労災事故に特化した業務内容を提供しているのですが、お付き合いのある法律事務所様からの相談なので無下に断るわけにはいきません。 …

アメリカでのオピオイド問題

2018/06/04   -ブログ

以前オピオイドの話をしましたが、現在アメリカではオピオイドによる中毒死が社会問題になっています。昨年10月にはトランプ大統領が“衛生非常事態”を宣言したほどです。 アメリカでは医師が関節痛など癌性疼痛 …

画像鑑定報告書の無料スクリーニングサービス

2018/05/26   -お知らせ, ブログ

本日は、弊社提供サービスのお知らせです。弊社では意見書や画像鑑定報告書の依頼を承っていますが、やみくもにお受けしているわけではありません。   意見書や画像鑑定報告書は値段の張るものなので、 …

オピオイド

2018/05/20   -ブログ

交通事故の患者さんを含め、薬で痛みのコントロールを行う必要がある場合はまずステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を処方します。 疼痛コントロールがつかない場合、最近はオピオイドを処方することも多くありま …

腱板損傷後の脂肪変性

2018/05/12   -ブログ

肩関節の腱板損傷は、交通事故や労災事故との因果関係が争点になることがあります。これは、自然経過として腱板には加齢による変性断裂が頻発することが要因です。   しかし、受傷前にMRIを撮像して …

関節リウマチは内科の病気?

2018/04/28   -ブログ

今週はリウマチ学会に参加しております。 関節リウマチの治療の進歩には目を見張るものがあり、最近は治る病気になりつつあります。 その理由としてリウマチに関わるサイトカインという物質が次々とみつかり、それ …

多くの医師は診断書に無頓着

2018/04/21   -ブログ

交通事故や労働災害において、医師が作成する文書は大きな影響力を持ちます。しかし、肝心の医師本人は、そのことについてほとんど注意をはらっていないのが現状です。   先日も交通事故の診断書の転帰 …

頸髄症の高位診断

2018/04/14   -ブログ

先週はデルマトームが絶対的なものではないことを話しました。今回は知覚障害の部位、腱反射、筋力低下を組み合わせれば“頸髄症”の責任椎間高位が推測できるという話です。国分先生の108例の1椎間手術を検討し …

知覚障害のデルマトームは妄信できない

2018/04/07   -ブログ

外傷性頚部腰部症候群のような脊椎疾患において、知覚障害はそれなりに重要な要素のひとつです。例えば頸椎においては、解剖学的にC4/5および5/6の椎間板ヘルニアが症状を出しやすいのですが、画像所見と身体 …

医師の選び方

2018/03/31   -ブログ

被害者の方の自賠責の後遺障害診断書を見ていますと、医師として色々考えさせられることがあります。 例えば橈骨遠位端骨折後に疼痛が残存している被害者の方。治療を行って残念ながら疼痛が残存し、症状固定になり …

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2020 AllRights Reserved.