「 投稿者アーカイブ:mcadm 」 一覧

鎖骨遠位端骨折に続発した肩関節可動域制限

2020/02/18   -ブログ

鎖骨遠位端骨折の治療は比較的難しいです。その理由は、鎖骨遠位端骨片が小さいため、強固な内固定を実施することが難しからです。小さな骨片を固定するためにいくつかの手術法や内固定材料がありますが、最もよく選 …

画像での下肢長計測とメジャー計測の比較

2020/02/08   -ブログ

先日、人工股関節全置換術を施行するにあたって、下肢脚長差を測定する機会がありました。身体所見ではSMD 72cm/74cmでした。患側が約2㎝短縮しているようです。SMDは体表から測定するので、正確さ …

そのSLAP損傷は本当に外傷性なのか?

2020/02/01   -ブログ

肩関節周囲の外傷では腱板損傷が最もメジャーです。腱板損傷を知らない整形外科医は皆無といってよいですが、SLAP損傷についてはどうでしょうか? ときどき事故によるSLAP損傷という診断書をみかけることが …

医師用の後遺障害診断書ガイドの注意点

2020/01/26   -ブログ

最近、交通事故被害者から「後遺障害診断書の書き方ガイド」に関する資料が添付されていることが多いことに気付きました。後遺障害診断書と一緒に添付されているのですが、正直言って気付かないことが多いです。 & …

男性医師二人の写真

後遺障害に対して医師はどう考えているのか?

2020/01/18   -ブログ

後遺障害等級認定において、医師が作成する医証は大きな影響力を持ちます。このため、被害者・弁護士にかかわらず医師と向かい合う必要があります。しかし、一般的には医師は取っつきにくいという印象をお持ちではな …

生殖機能障害の考え方

2020/01/11   -ブログ

事故をきっかけにして、生殖機能障害をきたすことがあります。数として最も多いのは、男性の脊髄損傷や頭部外傷などに随伴する生殖機能障害です。便秘、便失禁、畜尿障害、排尿障害などの膀胱直腸障害が該当します。 …

その外傷で可動域制限を併発するのか?

2020/01/04   -ブログ

新年明けましておめでとうございます。令和2年度も宜しくお願い申し上げます。   昨年の1年を振り返ってみると、弊社の医療相談で比較的多かった事案のひとつに可動域制限による関節機能障害がありま …

2019年度も大変御世話になりました

2019/12/28   -お知らせ, ブログ

2019年度も大変御世話になりました。 弊社は、2019年12月31日~2020年1月3日の4日間は年末年始休暇をとらせていただきます。ご迷惑をお掛けしますがご了承お願いいたします。   さ …

追加検査依頼時には施行可能性を考える

2019/12/21   -ブログ

非該当や14級9号にとどまった事案の相談をされる際に「この検査があれば...」と感じることが多いです。医療的には絶対に必要な検査ではないとしても、交通事故実務では必須と思える検査です。しかし、その検査 …

若年者では単純X線像も重要

2019/12/14   -ブログ

先日、弊社の脊椎外科専門医と事案について協議していた際に、極めて基本的な気付きを得たのでご報告させていただきます。   その気付きとは、外傷性頚部症候群や外傷性腰部症候群における単純X線像の …

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2020 AllRights Reserved.