頬骨骨折後の上唇部しびれ

投稿日:2020年8月22日 更新日:

耳鼻科領域の後遺障害のひとつとして、頬骨骨折後に頬部から上唇までのしびれが残存することがあります。頬骨骨折では、眼窩下神経が走行する神経管周囲にまで骨におよぶことが多く、眼窩下神経損傷を併発するためです。

 

 

眼窩下神経を損傷すると、上図の範囲のしびれをきたすので、日常生活でも大きな支障をきたします。四肢の神経損傷では神経伝導速度検査等で神経損傷を証明することが多いですが、眼窩下神経では施行できません。

 

このような症例では、上顎部CTで頬骨、眼窩吹き抜け骨折が神経管にまで及んでいることを指摘したうえで、眼窩下神経損傷の存在を証明することになります。

 

このような事案でも、自賠責では14級9号に留まることが多いようです。該当する場合には、画像鑑定報告書を添付して眼窩下神経損傷の存在を主張することで12級13号が認定される可能性があります。

 

-ブログ

Copyright© メディカルコンサルティング合同会社 , 2020 AllRights Reserved.